【ようちえん】やまぼうしのまいにち

自分で決めたから【2020.12.4】

スポンサーサイト

本日はごはんつくり。

農道散歩からスタートです。

のんびり散歩朝は肌寒かったけれど、出発する頃には日差しが暖かくて、お散歩日和。

まったりと歩き出します。

走るもちろん走ります。

来た道を戻るリュック置いて、後ろにいる子のところまで走ります。

そして、また走って戻ってきます。

底なしの体力です。

倒れ込む彼女は倒れ込んでいます。

年長コンビがハマっているあやとり。

自分のあやとりをポケットにいれていたけど落としてしまったらしい年長彼女。

「探しに行く!」とのことで、私と二人で来た道を全力ダッシュで戻ります。

しかし出発地点についても見つからず。

仕方なく、また走ってみんなのところへ。

そして、置いていったリュックを見てみると、「あやとり、あるやないか〜い!」

で倒れ込みましたとさ。

リュック背負うのを助けるリュックを背負えない年少彼をそっと助ける年少彼女。

ごはんつくり

やまぼうしの家へつくと、早速ごはんつくり。

今日はつぼみボランティアで、つぼみ組のお母ちゃんと彼が来てくれました。

最近、切らないモードだった年少彼も、今日は久しぶりに切るモードに。

ウインナー切って、じゃがいもも切って、また少しづつ切っていくかな?

包丁で切るまな板と包丁が空いていなかったので、待っていた年少彼。

いつもは走り回っているイメージですが、ちょこんと横に座って順番待ち。

持ってきた具材はさつまいも、にんじん、舞茸。

あとでお母ちゃんに聞くと、全部自分で決めたそうです。

だから、全部自分で切りたい。

以前、自分の要望以外の食材を持ってきた時は、まったく乗り気じゃなかった彼。

『自分で決める』ことで、こんなにモチベーションに差ができるんだなと改めて思いました。

干し柿を食べるゴハンができるまで、干し柿をつまむ。

おかわりがほしい子と残りの個数が合いません。

どうするか見ていると、年少彼女が、準やま彼女とつぼ彼にゆずっておりました。

そんなことができるようになっていたのねぇ。

直接的に褒めたくない方針ですが、思わず「えらいね〜」と口から漏れてしまいました。

穴を掘るゴハンができるまでは自由時間。

何やら穴を掘る年長コンビ。

この二人は、色々と遊びを考えて、遊び込んで、いつも楽しそうに遊んでいます。

本当にいいコンビです。

おままごとこっちでおままごとをしたり、

おままごと2あっちで、おままごとしたり。

お昼ごはんみんなでお昼ごはん。

たくさんのきのこと野菜とウインナーのお味噌汁。

本日も美味しゅうございました。

紙芝居お昼ごはんが遅かったので、食後ちょっとしたらジュンさんのワクワクタイム。

走って帰る別に急いで帰らないといけないわけではありませんが、走って帰る子どもたち。

走っては、休憩して、また走って。

手伝ってもらうリュックの前のパッチンが自分でできない年少彼。

いつもはスタッフに取ってほしいと言うのですが、この時は、「私がとってあげる」と憧れの年少彼女が取ってくれました。

年少彼、

嬉しそうでした。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5