【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ハンター誕生【2021.12.5】

スポンサーサイト

本日はにち森の日。

竹林に集合です。

柿をとる竹林に入る手前にある柿の木。

竹林をおかりしている木で、好きに取っていいとおっしゃってくれています。

おもむろに落ちている竹を拾って、柿を取ろうとする子どもたち。

起用に竹で叩いて柿をゲットしておりました。

食べられない渋柿と伝えても、ほしいらしいです。

どうやら、このあと家に戻った時に実験に使いたいみたい。

実際、家に戻ったあと、柿をおままごとの鍋などにつぶして何やらしておりました。

鹿の糞落ちていた鹿の糞をひろってくる彼女。

去年、奈良公園へ遠足行った時も、鹿の糞ひろって投げてきたこの子。

どうしてなんのちゅうちょもなく鹿の糞、素手で拾うんだ。

しかも、ちょっと誇らしげに。

竹を解体するネットを支えていた竹が折れて倒れてくるという事故がおきました。

幸い、誰も大きな怪我をしなかったのですが、直撃したいたらと思うとゾッとします。

今後の対策として竹にネットを固定するのはやめることにしました。

倒れてきた竹を分解しようと思ったのですが、のこぎりを忘れました。

すると、子どもたちが石やら枝やらをもってきて解体作業を始めます。

みるみる内に解体されていく竹。

先程の柿取りもそうですが、にち森の子たちは自然物を道具にして使うのがとても上手です。

子どもたちの思考の柔軟性がゆえになのでしょうか。

男子たちが戻るお腹が空いたので、やまぼうしの家に戻ることに。

男子ーズとりょうくんは先に戻ります。

木登り女子たちはまた柿をとったり、木登りしたり、ススキを集めたり。

一通り遊んでから戻ります。

小石を集める庭で遊んでいたこちらの女子二人。

玄関先に生えているススキを集めに行きたいと。

一緒に行って集めてきた帰り、砂利の中から赤い小石を見つけて、

「これ、めっちゃきれいやん!」

「これ、使えるんちゃう」

と今度はきれいな石探しに夢中。

土のケーキあつめた材料で何をしたかったのかというと、おままごと。

完成した泥のケーキを嬉しそうに見せに来てくれました。

集めたススキはどこにいったんだ?

無邪気な彼女たちがとってもかわいいんです。

弓矢で遊ぶ竹の弓矢を持参してきた彼。

それに触発されて、他の子たちも弓矢作りに夢中。

解体した竹を持ってきていたので、材料には事足ります。

竹を火であぶって曲げる技を使う子。

ナイフのきっさきで穴をあける子。

私が言われるのはたいていが、ナイフ貸して、のこぎり出して、などの道具の依頼だけ。

作業自体は個々人が独力でがんばっていました。

小1彼は、見様見真似で作ってみたけれど、ピンと糸を張る技が分からない様子。

矢を飛ばせる代物はできなかったけれど、矢は自作して、やり投げ方式で投げて的あてを楽しんでいました。

自分の今できる実力に合わせて、自分で遊びを調整する。

たいしたものです。

狩人見てください、この姿。

どこからどう見てもハンターでしょう。

弓矢はもちろん、矢をいれる筒まで自作。

珍しく、なんだか自然体験教室みたいな雰囲気のにち森でした。

しかし、講師はおらず、全部子どもたちが工夫する。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2022 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5