【ようちえん】やまぼうしのまいにち

遠路はるばる【2021.11.16】

スポンサーサイト

本日は、くつわ池自然公園へ行ってきました。

視察の女のの人いつものように魔女の家へ。

今日はなんと石川県から、わざわざやまぼうしを見に夫婦でやってきてくれました。

入園希望ではなく、こうした活動を実践されている方です。

人懐っこいやまぼっこたち。

もちろん一緒に遊んでもらいます。

視察の男の人お兄さんも大人気。

一緒に遊んでもらって子どもたちも嬉しそうです。

男子四人組しばらく魔女の家で遊んだあとは、恒例の冬イチゴ摘みに。

颯爽と歩く男子ーズ四人組。

「いくぞ」「おー!」なんて掛け声合わせて歩いていく。

ますます子どもたちの集団力が強まっている感じ。

冬イチゴ摘み冬イチゴスポットに到着。

やっぱり今年は豊作です。

立派な冬イチゴがあちこちに。

大人も子どもも、夢中でいちご摘み。

冬イチゴを集めるたくさん食べたあとは、親子組『つぼみ』ちゃんたちのためにも冬イチゴを集めます。

青服彼と、赤スカート彼女の妹二人もつぼみちゃん。

つぼみちゃん二人が食いしん坊なのは、みんなも周知の事実。

「こんだけやったら、まだあの二人には足りへんなぁ」

とこれでもかというほど集める。

柿がない冬イチゴのお次は、つぼみちゃんの活動場所の柿を食べるのがお楽しみ。

しかし、何ということでしょう。

もうただの一個も柿がありませんでした。

信じられない!といった表情で、柿の木に走り寄る子どもたち。

近くで探してみても、やっぱり一つもありゃしない。

楽しく美味しかった柿シーズンもおしまいです。

旬のものは期間が短いのです。

でも冬いちごシーズンはまだまだ続くはず。

集めた冬いちごを持って、つぼみちゃんたちのところへ。

年中彼女の手から、つぼみちゃんたちに冬いちごが配給されます。

何度も何度も貰いに来るつぼみちゃんたち。

案の定、妹ちゃん二人はヘビロテのリピーター。

大量にあった冬イチゴを完食です。

マイムマイム年少彼女が、妹ちゃんに会ってしまったら一緒に遊びたくなったよう。

お母ちゃんもこちらにいるので、余計にこっちにいたいみたい。

どうしようか話し合っている間、待ってる子たちはマイムマイムを踊りだす。

いつしか大人も混じって、全員でマイムマイム。

秋祭り余韻を楽しんでくれる子どもたち。

そんな意図はなかったけれど、こうして秋祭りが日常に浸透して、楽しんでくれているのは嬉しいです。

戻ってくる結局、年中彼女はそのままつぼみちゃんのところへ残ることに。

ようやく戻ってきたやまぼっこたち。

もうお腹ペコペコです。

戻ってきた子から順にお弁当タイム。

野球ごっこ新聞紙を丸めたボールとバットで野球ごっこ。

ピッチャーはなぜか途中から坂の上まで登って投げる。

めちゃくちゃ遠い。

ぜんぜん届かない。

BB弾探しなぜかくつわ池には定期的にBB弾が落ちている。

そして、それを見つけるのはたいていオレンジ帽子の彼。

BB弾に愛されているのでしょうか。

今日も見つけて、みんなで大捜索。

かなりの数が見つかりました。

しかし、いったい誰がいつBB弾を打っているのだろう?

わざわざ石川県から見に来ていただいた見学の方々。

とっても熱い素敵なお礼の言葉もいただいて。

それを受けて思ったことを少々。

私たちがしていることは、たぶんもはや『幼児教育』の部類ではないのかもしれない。

提供したいのは、『暮らし』。

教育的配慮がどうとか、子どもの成長のためにはどうとか、もちろんそういうのが全くないわけじゃないし、そういうのが大切なのかもしれない。

でも、私たちがしたいのは、ただただ子どもも大人も楽しめる居場所を提供すること。

暮らしの延長線上のような居場所。

こうした考えに共感してくれて、見学に来てくれたご夫妻。

そうした言葉をもらえて、やっぱり嬉しくなります。

自分たちのしていることを信じる力をもらえます。

きっと、近い内に日常型の園をする仲間になると思うので、どうぞよろしくお願いします。

こちらからも遊びにいけたらいいなと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5