【ようちえん】やまぼうしのまいにち

つぼみちゃんも流しそうめん【2023.7.4】

スポンサーサイト

本日は昨日よりさらに暑い、猛々暑日。

プール三昧こんな日は、やまぼうしの庭でプール三昧。

どんなに暑くても、水に浸かれば、涼しくなります。

身体が冷たくなったあとは、外に出ても涼しさを保ってくれます。

電車の本を読む電車好きの彼が持ってきた最新の電車本。

紙を見つけると突進していって、口にいれるのがマイブームなうちの長男。

年長彼が本を見つけると、それを発見して、ずりずりと突進。

食べるんちゃうか、と思ったら、本の前で止まり、じっと電車を見ている。

そのあとも、しばらく二人で電車見ている。

うちの長男くんも、電車好きなのかな。

いつか年長彼に弟子入りするのかな。

いつか一緒に乗り鉄してくれるかな。

なんて妄想が膨らむ。

年長さんを追いかけるつぼみちゃん今日はつぼみちゃんも一緒の日。

一歳の子が、親元離れてすたすた歩いてく。

たどり着いたのは、年長男子二人が遊んでいるところ。

眼の前まで来て、立ち止まって、なんだか遊びに混じっている風。

年長男子たちが移動すると一歳ちゃんもついていく。

たまたまかな、と思っていたら、また違う時に、お弁当食べている年長彼のそばに来て、そのまま横にちょこんと座る。

これは意図的にしているんだなと思った。

しかも同じ年長彼。

彼のことが好きなのかな。

好きなんだろうなあ。

かわいいなあ。

そんな一歳ちゃんを見て、照れくさそうに微笑む年長彼。

おじキュンやないかーい。

流しそうめんの竹つくり

昨日はやまぼっこたちが流しそうめん。

今日はつぼみちゃんたちが流しそうめん。

やまぼっこの半分ぐらいの長さの竹を用意して。

節をかなづちで叩き割るのを手伝ってくれる年少彼。

でもまだ節を叩き割るというのは難しいみたいで、ひたすら竹をがんがんと叩いている。

もちろん本人は真剣。

叩きながら、「難しいなあ。割れへんなあ」とつぶやいている。

彼の中での完成図はどんなんなのだろう。

その気持が大事で、結果はたいして重要じゃない、と思う。

流しそうめん

大いに盛り上がった流しそうめん。

楽しかった。

案外、つぼみちゃんたちも上手にすくって食べていた。

開始早々、一番効率よく食べられる場所を発見したつぼみ彼女。

切れ者です。

やまぼうしたちは、今回は食べられなかったけど、「次は、きゅうり流れるでー」「はい、素麺行くでー」と存分に盛り上げてくれた。

それはそれで楽しそうだった。

暑かったけれど、プールに助けられて、楽しめた一日でした。

 

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!どういう団体?園舎がない?無償化の対象?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「森のようちえんってどういう団体?」 「園舎がないって聞 ...

大木を囲む 4

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.2 野外保育?危険生物?いろんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「自然の中で遊ぶのってなにがいいの?」 「ハチやヘビって危なく ...

ケンカ 5

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.3 見守り保育?ケンカ?保育者に求められるもの?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「見守る保育ってなにをどこまで見守るの? ...

泥遊び 6

もくじ 「自由にしてて、わがままな子にならない?」 「工作や歌ったりはしないの?」 「好きなことだけしていたら、小学校へ行った時に困るんじゃない?」   どうも、里山保育やまぼうし園長のたけ ...

竹滑り 7

もくじ   「少人数だと協調性が育ちにくいってほんとう?」 「少人数で、気の合う子がいなかったらかわいそうじゃない?」 「縦割り保育だと、年齢別の活動がないけど大丈夫なの?」   ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2024 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5