【ようちえん】やまぼうしのまいにち

生き物とともに【2023.6.13】

スポンサーサイト

本日はくつわ池自然公園へ行ってきました。

毛虫探し魔女の家までの道中。

毛虫みたいにモサモサの栗の花を「毛虫や〜」と集めたり。

葉っぱにつく本物の毛虫やバッタを見つけたり。

道を悠々と歩くムカデを遠目から眺めたり。

暑くなってきて、次第に生き物たちの活動も活発になってきました。

楽しい時期となってきました。

避難するその反面というか、当然スズメバチなどの危険生物と呼ばれる生き物たちの活動も活発になってきます。

いつも魔女の家で過ごしている場所に数度スズメバチがやってきて、それはいつものことなのですが、やたら長い時間、近くをウロウロ飛んでいる。

さらに、反対方向にも一匹発見。

ハチの動きを追ってみて、巣があるような感じではなかったけれど、安全優先で、同じ魔女の家エリア内で避難しました。

自然に対してこちらが柔軟に動いて対処する。

やまぼうしをやって学んだことです。

子どもたちも自然とこうした日常を過ごすなかで、柔軟性が染み込んでいっているのでしょう。

ぶどうの芽「芽が出てるー」と喜び、呼びに来てくれた子どもたち。

数週間前に、「ぶどうが育ったらいいね」とお弁当に入っていたぶどうの種を植えました。

その芽が出てきたと教えてくれたのです。

見ると、小さな芽がぽつりと。

子どもたちの期待通り、ぶどうの芽だったらいいなぁ。

今後の成長が楽しみです。

種を植える場所を探す地面に落ちていたなんかの種や柿の種。

それをどこかに植えたいけれど、どこに植えようかと悩む年長彼女。

年長彼に相談して、二人でどこに植えるのかをいい場所を探しに行くことに。

上に木があったら育たないから、ここは止めとこう。

土が固そうだから、ここは止めとこう。

もっと、森の中の土のほうが、いいんじゃないか。

二人で色々と試行錯誤している。

その相談が結構ちゃんとしていて、すごいなぁと思いました。

お絵描き

普段、あんまり絵を描かない子が、ひょんなことから描きだして、しかもスタッフさんの似顔絵まで描いてくれて、それがとっても可愛くて。

そんな可愛らしい絵を隠し持っていたのか、きみは。

つくづく、子どもたちの描きたい時に描きたいように描くのが一番、その子らしい個性的な素敵な絵になるような気がする。

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!どういう団体?園舎がない?無償化の対象?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「森のようちえんってどういう団体?」 「園舎がないって聞 ...

大木を囲む 4

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.2 野外保育?危険生物?いろんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「自然の中で遊ぶのってなにがいいの?」 「ハチやヘビって危なく ...

ケンカ 5

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.3 見守り保育?ケンカ?保育者に求められるもの?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「見守る保育ってなにをどこまで見守るの? ...

泥遊び 6

もくじ 「自由にしてて、わがままな子にならない?」 「工作や歌ったりはしないの?」 「好きなことだけしていたら、小学校へ行った時に困るんじゃない?」   どうも、里山保育やまぼうし園長のたけ ...

竹滑り 7

もくじ   「少人数だと協調性が育ちにくいってほんとう?」 「少人数で、気の合う子がいなかったらかわいそうじゃない?」 「縦割り保育だと、年齢別の活動がないけど大丈夫なの?」   ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2024 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5