【ようちえん】やまぼうしのまいにち

室内遊びの楽しさ【2020.10.8】

スポンサーサイト

本日は大雨のため、家に集合。

久しぶりの室内遊びです。

ランチタイムおはよの会して、早々にランチタイムに入る準やまコンビと年少彼。

そして、数口食べると、遊びに戻る。

なぜかだいたい同じタイミングで。

残されたお弁当たち。

図鑑を見る真剣に図鑑を見る二人。

外へおもむろに外へ出ていく。

虫取り年少彼「恐竜、捕まえんねん」

と言い、地面に網を振り下ろす。

「ほら、穫れた」と誇らしげ。

ついで、網を受け取った準やま彼女も、

「エイッ!」と地面に編みを振り下ろす。

「捕まえた!」

謎の恐竜捕まえごっこが、大雨の中繰り広げられる。

砂遊び寒かったのか、案外早くに室内に戻った年少彼。

しかし準やま彼女は残って、砂遊び。

寒くないのだろうか。

一人遊び室内ではそれぞれがそれぞれに遊んでいました。

準やま彼はひとりでおもちゃで遊んでみたり。

この前に、三女の顔をのぞき込み、頭をなでなでする姿が。

写真を撮り損ねたのが悔やまれる。

くすぐり合いっここちらの年少男子コンビは、くすぐり合いっ子して大はしゃぎ。

ブランコと思いきや、突然のブランコ。

パンを食べるからの、おもむろのパン。

お店やさんごっここちらでは本屋さんが開業中。

小窓から顔を出す店員の準やま彼。

「いらっしゃい、いらっしゃい」と大きな声で客引き。

お客の準やま彼女が本を渡すと、ピッとレジを通してお買い物。

秘密基地年長コンビと年少彼女はいつものごとく秘密基地でごっこ遊び。

BBQごっこ年長コンビと年少彼女が考案したBBQごっこ。

ちゃんと火おこしの道具もあって、焼くところも本格的。

子どもたちのごっこ遊びの芸の細かさは感心させられます。

ランチタイム本当のお昼ごはんもここで。

自分のお弁当をごっこのコンロの上に置いて温めて食べます。

年少彼も、楽しそうだとお弁当持って仲間入り。

仲間に入りたい準やま彼も仲間に入りたい。

自分のお弁当持って来たのはいいけれど、年長コンビには追い返されることも多い。

様子を見ながら、行くべきややめとくべきか悩んでいる様子。

少しづつ近づいて、いざ決心して、すーと輪に入る。

仲間入り成功「準やま彼も、焼く?」

と年長彼女。

どうやら仲間入りに成功したようです。

よかったね、準やま彼。

絵本タイムいつもの絵本タイムが終わったあとに、次は自分の番だと、持参した本を持ち出す年少彼。

歌の本で、開いては、そのページの歌をみんなでうたう。

そうざん、シャボン玉、ゆりかごのうた。

みんなで何曲か歌って、なんともほっこりとした時間に。

ステキな時間をありがとう、年少彼。

久しぶりの室内遊び。

いつも外だから家の中でしかできない遊びを存分に楽しむ子どもたち。

家の中で過ごすのに時間持つかなぁと少し前は思っていた子も、いつの間にかごっこ遊びをしたり、本を読んだり、家の中でも楽しそうに遊ぶ姿が。

室内だからか、小競り合いは多かったようにも思うけれど。

まぁ、それは仕方ありません。

絵本本日の絵本

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5