【ようちえん】やまぼうしのまいにち

久しぶりだからこそ見えるもの【2021.11.11】

スポンサーサイト

本日は久しぶりに袋谷親水公園へ行ってきました。

紅葉シーズンすっかり紅葉していて、とってもきれいな親水公園。

到着時は雨が降っていましたが、すぐに止んで太陽も顔をのぞかせてくれました。

走る子どもたちとにかく走る子どもたち。

ユウコさんも一緒に、走る走る。

朝は服を着込んでいた子たちも、すぐに暑くなって脱いでいきます。

電車ごっここちらでは、おなじみの電車ごっこ。

この壊れたシーソーがちょうどいい電車になってくれるんです。

前からやっていた電車ごっこ。

でも、なんだか前より遊びが深まっているみたい。

具体的にどこかどう変わったかまでは把握できていないけれど、なんだか子どもたちが同じ世界を共有していて、以前よりも同じ世界観の中で遊んでいる感じ。

ウクレレを弾く秋祭りでギターを弾いてくれたお父ちゃんに触発されてウクレレ持ってきてくれたユウコさん。

子どもたちも、何度も『にじ』を歌う。

この曲も、秋祭りでお父ちゃんが歌ってくれた曲。

秋祭りで終わりじゃなくて、ソーラン節も、マイムマイムも、お父ちゃんの歌も、全部が日常に混じっている。

というよりも、全てが日常。

子どもたちにとっては、秋祭りも特別なイベントじゃなくて日常のひとつなのでしょう。

もみくちゃにされるもみくちゃにされるリョウコさん。

リョウコさんを助ける子もいれば、押し倒す子もいて。

もう何が何やら分からない。

もみくちゃになりながらも、なんだかとっても楽しそう。

マイムマイム「マイムマイム踊ろー」

と誰かが誘い、すぐにこうして輪になって踊りだす。

日に日に、踊りも上達していく。

最終的に、高速で回って、みんなでこけて大笑いです。

かくれんぼそうかと思えば、お次はみんなでかくれんぼ。

色んな子が鬼をできるようになっているし、隠れるということも理解している。

いつのまに、全員でかくれんぼなんてできるようになったんだ、とこちらが驚く。

木登りそして、今度は木登り。

木登りのルールは一人で登るということだけ。

以前は登れない子もいたけれど、今日は登りたい子は全員自力で登っていく。

自力で登って、自然と順番も守って。

なんだかみんながとても進化している。

ツルを引っ張る木からぶらさがっている藤のツルをひっぱる。

頑強に木にからみついているから、全然ちぎれない。

ちからを合わせて引っ張るけれど、力尽きて手を離すと、バイーンと戻っていく。

それが楽しくて、何度も引っ張っては離す。

即席凧揚げ糸に折り紙を貼り付けただけの即席凧揚げ。

これで十分楽しめるんです。

凧もって走る子どもたち。

こうして見ると、本当に色々な遊びをしているなぁと関心します。

前以上に、子どもたちだけで遊びこむ姿も多くなってきました。

もちろん、私やスタッフさんたちと一緒に遊ぶ時間もあります。

でも、ある程度一緒に遊ぶと、次は子ども同士という感じに、そちらにシフトしていく機会が増えている。

そして、子ども同士でも、深くじっくりと同じ世界を共有して遊んでいる。

たぶんこうして同じ世界を共有して遊べるほうが、子どもたちも楽しいのでしょう。

だから年少・中・長と年を重ねるごとに、友達同士で遊ぶことが多くなっていくのでしょう。

久しぶりの親水公園だからこそ、以前に来ていた時の子どもたちの様子との違いがよく分かって、驚きと発見があった一日でした。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5