【親子組】つぼみ お母ちゃんたちの声

『保護者の声』~つぼみクラス母ちゃん2より~

スポンサーサイト

※この記事は2019年4月に書かれたものの再掲です。

お次もつぼみ母ちゃんよりいただいたお言葉を紹介したいと思います

思った以上に大変な子育てに行き詰まり、
どうにかこの現状を変えたいと悩んでいた時に
森のようちえんの存在とやまぼうしを知りました

もともと田舎と自然が好きだった私は、宇治田原についてすぐにその長閑な風景に癒され、
そこでのびのびと遊ぶ子供達の姿を見ていてここだったら幸せな子育てができる!と確信しました

大地と太陽の優しい温もり
道で出会う草花や虫たち
道ゆく人との交流
わが子じゃなくてもわが子のように愛してくれるたくさんのお母さんの眼差し
少人数だからこそできる濃密な子供同士のかかわり、、、

やまぼうしに来ると、親も子も、たくさんの優しさと温かさが包んでくれます

今ではやまぼうしのない生活は考えられないくらいで、
本当に毎日楽しく子育てさせてもらっているのはやまぼうしのおかげだと思っています

こちらのお母ちゃんとの出逢いは隣の町での森関係のイベントでした
やまぼうしの紹介をしても良いと言ってもらい、チラシを渡したことがきっかけでしょうか
ちいさな入園説明会にご夫婦で参加してくださいました

そのときに旦那さんがおっしゃった
「消費する遊びばかりでなく、こういった体験をさせてあげたい」
のお言葉がそのあとも心に残っていて

〇〇ランドなどのレジャー施設に気軽に連れていけないことなど
全然気にすることでもなんでもないなと励まされました(笑)
いわゆる娯楽施設などなどに連れていってやりたいと思う親の方が多いと思っていたのかも?
自然の中での遊びを重要視したいと思う親がいると思ってなかったのかも??
ほほー!なるほど!と感心しながら聞いていました
自然の中でできる体験の方が何倍もこどもの心を動かす魅力的で豊かな遊びであると
改めて確信した言葉でした(とにかく自信がなかった初期ですね笑)

そして、このお母ちゃんそこからの行動力がすんばらしいのです

森のようちえんの見学、勉強会など積極的に参加し、
つぼみクラスが始まると、
我が子がチャイルドシートに乗ってくれる日までバスを乗り継いで
雨の日も、午前保育の日も、遅刻しても
我が子を抱え参加し、我が子のペースをゆっくり見守り、
お母ちゃんも楽しんで帰っていかれる…

尊敬しかないです

子を想う気持ちに本当に尊敬しかないです

これがダメならこうしてみよう!と
ポジティブにクリエイティブに次なる手を考え突き進んでいきます
進みすぎたら微調整して
新しいことにも果敢にチャレンジしていきます

尊敬しかないですね

ときどきくれる熱いメールがわたしは好きです

お母ちゃん愛が溢れすぎて長くなるのでこの辺で・・・

一緒に子育てしていきましょう!
一緒に悩みましょう!
そしてリコーダー部、楽しみましょう!

感想、ありがとうございます♪

・・・じゅん・・・

 

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【親子組】つぼみ, お母ちゃんたちの声

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5