【ようちえん】やまぼうしのまいにち

狩猟採集民族のように【2021.6.29】

スポンサーサイト

本日もくつわ池自然公園へ行ってきました。

忍者ごっこ魔女の家で遊ぶ子どもたち。

今日は忍者ごっこが大流行。

どういった経緯で始まったのか不明だけれど、気がつけばたくさんの忍者が修行に励んでおりました。

階段から飛び降りるのも高いところから飛ぶ子がいて、それをマネして飛ぼうとするけれど、やっぱり怖くて一段降りて飛ぶ子がいて、違う子はさらに一段下がって飛ぼうとするけれど、それも怖くて、結局飛ばなくて。

遊びなんだけど、他の子ができていることはマネしたくて、それができなくて悔しくてまた挑戦してみたり、そんなの全然気にしないマイペースな子もいて。

それぞれが面白い。

折り紙タイム忍者ごっこから、手裏剣がほしいってなって、折り紙でおることになったのかな。

気がつけば、みんなで折り紙タイム。

手裏剣作る子もいれば、お絵かきや全然別のものを作る子も。

激しい動の遊びから、急にしずかな静の遊びに。

でも動から静の遊びも連動しているのが面白い。

乗り物を修理するごっこ遊びでタイヤを乗り物に見立てていた子どもたち。

どうやら故障したらしく、大規模な修理がはじまりました。

それぞれ道具をもちよって、修理していきます。

みんなで乗車修理のかいあって治ったみたいです。

全員で乗り込みますが、ちょっと満員すぎやしませんか?

この人数のごっこ遊びは見ていて壮観というか、見ごたえがあります。

虫の家つくりこちらでは二人で虫の家つくり。

最近、生き物探しに目覚めてきた年中彼。

今日も『こしょば虫』と呼ばれている虫を捕まえました。

そこへやってきた生き物大好きな年少彼。

二人でこしょば虫の家を作ることになったみたいです。

二人でせっせと石を並べて作っていきます。

仲間に入れないそこへやってきた赤い服の年少彼。

でも年中彼は、仲間に入れません。

「これは○○くんと二人で作ったやつやからダメ〜」

生き物好きの彼と二人で作ったのがよほど嬉しかったみたいです。

虫の家作りを通して仲間意識が強く芽生えたみたいです。

これまでの年中彼はどちらかと言うとマイペースで我道を行くと言った感じでした。

生き物にも特に興味はなく、もっぱら大好きなテレビ『逃走中』のハンターになったり、走ったり、クイズしたりが好きな子でした。

そんな彼が最近は周りの子の生き物好きに触発されてか生き物に興味を持ち出し、誰かと一緒になにかを作り上げて、『二人だけ』という特別感を味わい、それを守ろうと他の子とケンカして。

なんだかどんどんと変化していく彼を見ていると、子どもの成長ってすごいなぁと純粋に思わされます。

いや、本当にすごい。木の皮をめくるペリリッと木の皮をめくってみた、こちらの年少彼。

案外、千切れなくて長くなりました。

長い皮さらに引っ張ると、皮は千切れずにさらにペリリッとはがれていきます。

みんなで皮をめくるひとりでは無理になったので、みんなも手伝って引っ張ります。

取れた皮ようやく取れた皮をみんなで運びます。

一連を見ていた早くにお迎えに来たお母ちゃん。

「どっかの部族みたいやね」

たしかに。

みんなで力をあわせて、人力のみで木の皮を採取して、喜び合いながらみんなで運ぶ。

そう思うと、子どもたちの日々の営みは、狩猟採集民族などの営み、古代の人間たちの営みと通ずるものがあるのかもしれません。

つまりは、やっぱり子どもたちは、こうした原始的な社会構造と同じような、やまぼうしという社会の中で、日々いろいろなことを経験し学んでいるということなのでしょう。

 

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5