【ようちえん】やまぼうしのまいにち

内なる意思【2021.5.18】

スポンサーサイト

本日も袋谷親水公園へ行ってきました。

泣く子ども珍しく年中彼が母との別れでシクシク。

どうも、朝から母と子の色々があって、うまく消化できていなかったみたい。

普段見れない年中彼の一面です。

間違い探し絵本そんな彼に救いの手が。

ユウコさん、偶然にも年中彼に見せてあげたいと、間違い探しの絵本を持ってきてくれていました。

大の間違い探し好きな彼、食いつかないわけがありません。

これですっかり気持ちも上がって、年少彼女とユウコさんと三人で盛り上がっておりました。

図鑑を見る緊急事態宣言中で活動日を減らしているので、しばらくぶりの登園の子どもたち。

そのせいなのか、まったりと過ごします。

いえ、違う日でもわりかしまったり過ごしている感のある今年度のメンバー。

意外とそういう集団なのか。

こちらの三人も真ん中の年少彼が持ってきた恐竜図鑑をじっくりと見ていました。

ヘビイチゴ集め最近ハマっているのはヘビイチゴ集め。

この前たくさん取ったはずなのに、また生えているヘビイチゴに興奮気味の年少男子ーズ。

「あっ、あった!」

「こっちにもある!」

「あっ、こっちにも!」

いたるところに生えているので、次々と見つけては大興奮。

ひとつ見つけるたびにテンションあがるその姿がとっても愛らしい。

棒をめぐってのケンカ最初は棒で綱引きして遊んでいるのかなと思って見ていたら、どうやら本気で棒の取り合いをしているよう。

力は五分五分といったところ。

お互い、一歩も譲らずに引き合います。

大勢で棒引きそれを見て、他の子たちも参戦。

写真では1対4になっていますが、当事者の二人以外は、これがケンカだとは思っていないみたいで、こっちの仲間になってみたり、あっちの仲間になってみたりといった感じ。

驚いたのは、この時は一人で四人を相手にしていた年少彼。

4人が相手でも引けを取らず、長い間引っ張り合っていても、根気強く戦います。

普段はマイペースでおっとりしているイメージの年少彼ですが、内なる闘志というか、負けん気の強さというか、これまた知らない一面が見れた場面でした。

雨から避難今日は雨予報だったので、タープを張ってみました。

雨が降ってきたので、荷物をタープの下に避難させます。

タープの下で休憩タープの下でお弁当。

中々、いい感じです。

多少の雨なら、木の下に入れば、枝葉が雨をさえぎってくれます。

プラスこのタープがあれば、お弁当も食べられるし、着替えもできます。

これなら雨でも一日ここで遊べそうです。

まさかの緊急事態宣言中の梅雨入り。

今は諸事情でやまぼうしの家も使えず、雨の日の活動に試行錯誤。

このタープ作戦で乗り切れたらいいなぁ。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5