【小学生】にちようの森

無邪気な子たち【2020.10.11】

スポンサーサイト

本日は、にちようの森。

総勢10名。

定員いっぱい集まりました。

竹林へダッシュさっそく竹林へダーッシュ!

お面作り彼女はついて早々、持参した板で何やら作り始めます。

ちゃんと鉛筆で下書きして、物差しで測って、マイノコギリで切り始めます。

今日はこれを作ると決めてきたようで、他のみんなが鬼ごっこをしていても、制作に集中。

どうやら鬼滅の刃という漫画のキャラのお面を作りたいそうです。

鬼ごっこ他の子たちは、もちろん鬼ごっこ。

もちろん鬼は私かりょうくん。

今日も今日とて、走りまくります。

走りまくらせられまくります。

この9月からの新メンバーのうちの二人が、ずば抜けて早い。

もう野猿です。

ワタクシ、全力で走って、途中でクジメそうな心を奮い立たして、追いかけて、それでも逃げられちゃいます。

恐るべし、小学生・・・。

休憩

全員が全員、鬼ごっこをしているわけではありません。

なんと、手首を骨折したにもかかわらず、遊びに来たいと来てくれた子も。

その子は、マイペースに虫探したり、山登ったり、どんぐり集めたり。

マイペースな彼も、ひとり楽しんでいました。

他の子がどんぐり集めている時は一緒に集めたりと、ポイントポイントで混じってきて、あとは自分のペースで。

自分がしたい時に自分がしたいことを自分のペースでできるのが、にち森のいいところです。

立派な栗お昼前にやまぼうしの家へ行くことに。

先発組は私と一緒に家に戻って、気づいたらりょうくんの後発組がまだ来てない。

様子を見に行くと、栗と柿を取っていたそう。

こんない立派な栗を見つけてきていました。

渋柿嬉しそうに見せてくれたのは渋柿。

残念ながら、食べられないのよ。

今度、みんなで干し柿作りしてもいいかもねぇ。

ランチタイムただいま東屋には稲が干してあります。

にち森の子たちはこの上でご飯食べるのが定番化していたけれど、今回は無理やなぁ、と思っていたら。

稲など意に介さず、上手に登れそうな場所を見つけて、ご飯食べていました。

彼女ら以外も、場所を見つけては登っておりました。

こちらの予想を軽く超えてきます。

恐るべし、小学生・・・。

カップヌードルチャーハンアウトドアに目覚めたりょうくん。

ソロキャンプ用品を揃えてきました。

そして、はまっているのがカップヌードルチャーハン。

カップヌードルとご飯を炒めるというTHE・男飯。

意外と美味しいんです。

冷ややかな視線子どもたち、もっと食いつくと思っていたんですが、なんとも言えぬ冷ややかな目。

遠巻きに、半笑いで、見守る小学生たち。

きっと男子たちはガスバーナーに目を輝かせると思っていたのに、男子までもが冷ややかな目。

りょうくん、カラ回っているみたいになっておりました。

盗み食いと言いつつ、りょうくんがいない間に盗み食いする子どもたち。

やっぱり気になってたんかぁい。

泥遊び食後、泥遊びに興じる女子たち。

5年生と3年生の女子が裸足で、真剣に泥遊び。

川を作って、本流からそれぞれ自分の名前をつけた支流をつけて喜んでいる。

5年生ってこんなに無邪気なんだなぁと、いつも感心する。

たぶん、おそらく、わからないけれど、学校ではこんな姿じゃないんじゃないかなと思う。

ここでは、いわゆる幼いと言われるような言動をとっても大丈夫だと認識してくれているんだと思う。

だから、こうした無邪気さを全開に出してくれているんじゃないかな。

もしかしたら、遊戯療法的なセラピー効果もあるのかな。

実は学校でも、ぜんぜんこんな感じで、私がにち森をいいように見すぎているだけかもしれないけれど。

それだったら、ちょっと恥ずかしいけど・・・。

読書タイムiこちらは読書タイム。

絵本を読んでます。

メンバーの中には室内好きも。

別に外でずっと遊ばないといけないわけではありません。

家の中で、のんびり好きに過ごしたらいいんです。

逆立ちの練習しばらくすると、他の子も家の中へ。

逆立ちの練習をしたり、ブリッジしたり。

しまいには、部屋の中での鬼ごっこが開始。

新しい仲間が増えて、こうして室内組でも、新しい風が吹いています。

なんだかいい感じです。

チョコレートフォンデュお楽しみのりょうくんおやつタイム。

マシュマロを焼いて溶かしたチョコレートにつけて食べる。

これが絶品。

焼きマシュマロをクラッカーにのせて食べるのもうまい。

りょうくん考案のおやつです。

水遊びこちらのお三方は、ホースをふって、水が飛び散るのを楽しんでいます。

今日は気温が上がるからと、水遊び用に着替えを用意してきた子も。

今日も水遊びをすると聞いた時は耳を疑いましたが、子どもたちにとっては、まだまだ水で遊べる時期。

残り少ない水遊び期間を存分に楽しんでください。

室内鬼ごっこお次はほぼ全員での室内鬼ごっこ&かくれんぼ。

家の中でやりたいんですって。

起伏があって、隠れる場所もあって、縁側からそのまま外へ出ていけるし、そりゃあ楽しいよねぇ。

家でしたらたぶん怒られるやつだもんねぇ。

思う存分、走り回った一日でした。

今日から来る子もいて、今回が10人でのにち森の最初の日。

仲間が増えると、それだけ子ども同士の関わり方も複雑になって、いい感じです。

前に比べて年齢差も幅ができたし、男子も増えたし、新旧メンバーもスムーズに仲良くなっているし。

こらからのにち森がさらに楽しみです。

次回は遠足。

その次はお泊まり会。

楽しみが続きます。

かくれんぼどこに隠れているでしょ〜か。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【小学生】にちようの森

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5