【ようちえん】やまぼうしのまいにち

ホビットたちの昼食【2021.9.10】

スポンサーサイト

本日もやまぼうしの家に集合です。

山に登る今日は真夏を思い出させる暑さ。

カラッと晴れて気持ちいいけれど、日差しがきつい。

そんな中でもこうして外に飛び出し、遊ぶ子どもたち。

元気です。

穴を掘る怒りを穴掘りにぶつけたあの日から、穴掘りの面白さに目覚めたようです。

ことあるごとに、掘り進めていき、気がつけば中々の穴があいておりました。

私も穴を掘るのは好きなほう。

穴を掘るってなんだかワクワクしますよね。

泥を落とす汚れるのが苦手だったこちらの年少彼。

見ると、山に登ってサンダルも泥だらけ。

気にならなくなったんやなぁと思っていると、必死にサンダルの泥を落とそうとしている。

しかも服で。

洗う?と聞くが、そんな声も入らないぐらい集中して泥落とし。

そっと見守らせてもらいました。

一生懸命、泥落として、ある程度のところで納得したようで、またはいて、遊びに戻っておりました。

トミカごっここちらの二人は、毎日毎日トミカごっこ。

思えば、少し前までは我が道を行く二人でしたが、こうして毎日、長い時間、トミカでごっこ遊びをしているなんて。

改めて、子どもの成長には驚かされます。

お互い、会話も成立していて。

でも、聞いていても、半分ぐらいしか理解できない。

この二人だからこそ、通じ会えるものがあるのでしょう。

小麦粉粘土こちらではユウコさんが持ってきてくれた小麦粉粘土で遊んでいます。

たくさんの青虫を作って、それが混ざって、ちょうちょになったり。

なにやらストーリーがあるみたいでした。

木陰でお弁当木陰の下、切り株の机と丸太の椅子でランチタイム。

このシーン、なんだかホビットたちの昼食といった感じがして、好きな場面です。仲良しトリオ何度も言ってますが、こちらの三人は本当にずっと一緒に遊んでいる。

何度も言ってますが、真ん中の彼以外の二人は、泥で汚れるのも濡れるのもあんまり好きじゃなかったのに、友達と遊ぶのが最優先で、汚れるのも濡れるのもあまり気にしないように。

友達の存在ってすごいです。

絵本タイムさすがに後半は疲れてきたのか、日陰に集まって絵本を読んでもらっています。

この場所は日陰で風が通って一番涼しいところ。

子どもたちはどこが一番涼しいのか感覚で知ります。

猫みたい。

緊急事態宣言延長になったけれど、30日までになったけれど、

来週も負けずに遊びまくろー!

 

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5