【ようちえん】やまぼうしのまいにち

連日の泥温泉【2021.1.28】

スポンサーサイト

出発

本日は農道散歩からスタートです。

川に行くのを止められる川へ行きたい年少彼。

しかし、先へ行きたい年長コンビに止められます。

あの手この手で説得してくる年長コンビ。

しかし、年少彼も中々の頑固者です。

話し合いの末、10秒だけという約束で川へ降りれることに。

川へ降りる意気揚々と川へ降りていく年少彼。

10秒数える年長彼女。

約束通り10秒で上がってきて、満足そうにリュック背負って歩き出す年少彼。

いつも、この二人のやりとりを見ていると、子どもたちだけでこれほど事を収めることができるのかと関心します。

お面つくりやまぼうしの家に着くと、節分で使う鬼のお面つくりをはじめます。

風船にノリで新聞紙貼って、和紙貼って、張り子のお面を作ります。

石でお面つくりしかし風船が古いのか、三女がよくハミハミしているからなのか、すぐに割れたり、しぼんだり、ゴムがくっついていたりで、使い物になりません。

そこで、石やおままごとのお鍋などを使って作ることに。

新聞紙と和紙を貼って一晩乾燥させます。

泥温泉こちらでは本日も泥温泉。

お湯を入れて温まります。

ランチの準備こちらの彼はせっせとランチのセッティング。

なぜか四人分の椅子を並べておりました。

しかし、別に誰かを誘うわけでもなく、一人で食べ始める。

ランチ会途中で、もうひとりの年少彼がお弁当を持って近づいてきました。

そして、一緒に食べる年少コンビ。

先に食べてた彼も嬉しそう。

ご飯を食べながら、問題を出し合ったりして、楽しそうに食べておりました。

野球私と年少彼がボールの投げあいをしていたら、準やま彼と年少彼も参戦。

男子三人でキャッチボールになりました。

投げて、受け取れず、転がったボールを追いかけるという感じですが。

泥温泉2

お湯を何度も追加して、泥温泉を満喫するお三方。

だんだんと大胆になって、最終的に泥に帽子をつっこんで、それをかぶっておりました。

しかしお湯も冷めていき、最終的にブルブルと震える子どもたち。

お湯のシャワーで泥を落とし、急いで着替えるもブルブル。

お昼ごはん上着着て、お昼ごはんで温まります。

しばらくすると、震えもとまって笑顔も見えて、回復したようです。

絵本タイムそのあともたっぷり遊んで、絵本を聞いて帰ります。

帰り道ものんびり遊びながら帰りましたとさ。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5