【ようちえん】やまぼうしのまいにち

待つのも一手【2021.5.6】

スポンサーサイト

ゴールデンウィーク明けのやまぼうし。

本日もやまぼうしの家に集合です。

カニ取り朝一おなじみのカニ探し。

今日は二匹見つけることができました。

タライにいれて飼います。

本を読む縁側で、それぞれ持参した本を読む。

年中彼は、どんぐりむらのお絵かき本。

年少彼は、犬のぬりえ。

どちらも読むタイプの本じゃないけれど、家からみんなに見せたくて持ってきたようです。

誰かに見せたいっていう気持ちって、なんだかステキですよね。

順番待ち雨水タンクの水くみ待ちをする年少彼。

緑帽子の年少彼は、水くみ待ちされているなんてまったく気づかず、風船に水をいれるのに夢中。

まぁまぁ長い間、風船に水いれようとチャレンジしていたのですが、その間、水くみ待ち彼は、「早くして」とか「まだ?」とか何も言わずにじっと待っていました。

私も声をかけずに二人の様子を見ていました。

ようやく風船水入れが終わり、去っていく緑帽子彼。

最後まで、水くみ待ちをしていたことには気づかず。

そして、すっと鍋に水を汲み出す、水くみ待ちだった彼。

別に「かぁわって」とか「かぁして」とか言えなくてもいいんです。

じっーと待つのもひとつの手なんです。

彼の気の長さというか、落ち着きというか、安定感というか、大物の予感がします。

彼の独特の間というか雰囲気がイイんです。

何も気づかず去っていく彼もGOOD。

ブランコブランコに乗っている年少彼は、一人では乗れなくて、私に助けを求めていました。

しかし、私は三女にご飯を食べさせていたので手伝えません。

それで工夫した年少彼。

車の乗り物をブランコの前に持ってきて、そこに立ってブランコに座る。

座ったあとは、乗り物を足でどける。

これで乗れました。

でもこげない彼。

「たける父ちゃん、こいでよ〜」

でも、三女ご飯中で動けない私。

と、そこで年中彼女がご飯中断して、ブランコ押してくれました。

そこへ三輪車でやってきた年少彼。

ブランコの前を通ろうとします。

「ここは通れない」とブランコ彼。

通りたい三輪車彼。

と、年中彼女が、ブランコをぐぐっと持ち上げる。

ブランコ彼はそれが嬉しくて大笑い。

三輪車彼はその間に通り抜け。

ブランコ彼のブランコにのる工夫も素晴らしかったけれど、年中彼女の機転も素晴らしい。

帰ってきた母たち今日はお母ちゃんたちの中で手伝ってもらえる人に、田起こしをしてもらいました。

どろんこになってお昼ごはんに帰ってきたお母ちゃんたち。

まるでアルマゲドンのワンシーンみたい。

かっこいいお母ちゃんたちでした。

カニ朝捕まえたカニ。タライに水張っていれていたら、太陽で水がお湯になってお亡くなりになってしまいました。

残念がる子どもたちをよそに、こちらの年少彼はカニを触れて嬉しそう。

そう、彼は生きているカニは触れないけれど、死んで動かなくなったカニなら持てることに気付いたのです。

嬉しすぎて、帽子の中にカニいれて、かぶって歩くしまつ。

最後はビニール袋にいれて、おうちに持って帰っておりました。

カニさんには申し訳なかったですが、年少彼はとっても満足そうでした。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 4

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 5

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 6

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 7

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5