【ようちえん】やまぼうしのまいにち

焚き火に集う【2024.2.5】

スポンサーサイト

本日は雨のため、やまぼうしの家に集合です。

雨の鬼ごっこまあまあの雨。

だけど、普通に庭で鬼ごっこする子どもたち。

やまぼうしの日常。

縁側で遊ぶ縁側で遊ぶのが定番のこちらの方々。

しばらく遊んでいたら、「寒くなったから、鬼ごっこしよ」と誰かが言い、他の子たちも「そうしよう」と庭に飛び出し、雨の中、走り回る。

そして、また縁側へ。

身体の暖め方が鬼ごっこ。

立ち直る今日の準やま彼は母恋しさに別れぎわで泣いておりました。

私が抱っこしようとすると、払いのける。

寒いと思って、上着をかけると、払いのける。

しばらく横に座っていると、自分で気持ちを立て直し、おもちゃで遊びだす。

そして、リュックからお弁当を取り出して、りょうこさんのもとへ。

りょうこさんの隣でお弁当を食べ、りょうこさんを誘って一緒に遊ぶ。

りょうこさんへの信頼と愛がすごい。

他の子に連れていかれたりょうこさんを、取り戻しに行く準やま彼。

これほどまでに信頼できるスタッフができて、良かったなあと思う。

のこぎりで切る持参したのこぎりで、焚き火用の枝を切る。

この作業で、もう身体は暖まる。

やまぼっこたち、暖まり方がたくましすぎます。

じゃれる準やま彼はあっちゃんも好き。

なぜか枝を食べようとする。

真顔で。

冗談なのか本気なのか、分からない。

準やま彼はいったいどんな性格なのだろうか。

おしゃべりなのか、寡黙なのか、真面目なのか、お調子者なのか。

今の彼からは予想がつかない。

これからの成長が楽しみです。

焚き火で暖まりながらトランプする焚き火で暖まりながら、ババ抜き。

午後をすぎると、寒さも厳しくなってきて、焚き火に集まってくる子どもたち。

なんか昔ながらの集会場みたい。

焚き火囲んで、トランプしておしゃべりして、お弁当食べて。

そういう空間、好きです。

子どもたちの様子見て、午後から室内でもいいかと思ってたら、別に子どもたち普通に遊んでいて、気づけば帰る時間。

やっぱりたくましすぎるやまぼっこたちでした。

スポンサーサイト

オススメ

モンベルサポートカード 1

モンベルのやまぼうしサポートカードができました。 こちらのカードに切り替えていただければ、本人様のポイントは従来通りもらえるのに加えて、3%のポイントがやまぼうしに寄付されます。 切り替えに300円か ...

2

寄付サイトを新設しました。 奇特な方がいらっしゃりましたら、こちらの寄付サイトに来ていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。    

雨で笑顔 3

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!どういう団体?園舎がない?無償化の対象?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「森のようちえんってどういう団体?」 「園舎がないって聞 ...

大木を囲む 4

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.2 野外保育?危険生物?いろんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「自然の中で遊ぶのってなにがいいの?」 「ハチやヘビって危なく ...

ケンカ 5

もくじ 注※タイトルを『分かりまくる!vol.3 見守り保育?ケンカ?保育者に求められるもの?そんな疑問を森のようちえん園長が徹底解説』から変更しております。 「見守る保育ってなにをどこまで見守るの? ...

泥遊び 6

もくじ 「自由にしてて、わがままな子にならない?」 「工作や歌ったりはしないの?」 「好きなことだけしていたら、小学校へ行った時に困るんじゃない?」   どうも、里山保育やまぼうし園長のたけ ...

竹滑り 7

もくじ   「少人数だと協調性が育ちにくいってほんとう?」 「少人数で、気の合う子がいなかったらかわいそうじゃない?」 「縦割り保育だと、年齢別の活動がないけど大丈夫なの?」   ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2024 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5