【ようちえん】やまぼうしのまいにち

砂まみれ【2020.11.16】

スポンサーサイト

本日は農道散歩からスタートです。

神社へ総勢八人での農道散歩。

なんだか子どもがたくさんいて、なんだか森のようちえんって感じ。

いえ、もちろん今までも森のようちえんでしたが、初年度の三人を思えば、よく増えてくれたなぁと感無量です。

お参りみんなでお参り。

先週末に我が家はここ立藤神社で七五三のお参りにこさせてもらいました。

着物着て、お参りして、写真とって。

その御礼もかねて、神様にご挨拶です。

ソーラン節のんびり組とゆっくり歩いて行くと、先発組は、待ち合わせ場所でソーラン節を踊って待っていました。

秋祭りが終わっても、ソーラン節熱冷めやらぬやまぼうしたち。

何人かの子は家で毎日踊っているとのこと。

もっともっと踊りこんで、来年の秋祭りはビシッと決まったソーラン節を披露しようじゃないか!

南京錠が気になる二人南京錠が気になるこちらの二人。

二人そろって農道散歩するのは初めて。

どうなるかと思って見ていると、案の定、ふたりとも吸い寄せられるように南京錠のところへ。

交互にカチャカチャといじって、やっぱり開かないことを確認して、戻ってくる。

似た者同士のお二人です。

なぐさめる年下の子なにやら自分の思いが伝わらなくて大泣きする年長彼女。

そこにやってきたのは準やま彼。

「どうして泣いているの?」

「どこか痛かった?」

心配して色々と話しかけてくれる。

誰かが泣いていると、こうしてやってきて、なぐさめてくれる彼なんです。

お昼ごはん桜の木の下でランチタイム。

ひとまずここで休憩です。

ムカゴ探しなにかを発見したこちらの三人。

むかご見つけたのはこちら、ムカゴです。

大きくて立派なムカゴ。

素揚げしたらホクホクしてておいしいんです。

崖登り久しぶりの崖登り。

ひょいひょいと登る年長彼女を見て、登ろうとする男子たち。

一歩二歩はいけるけど、それより先は難しい。

落ちそうになったら助けるけれど、登るのは自力でがんばってもらいます。

悪戦苦闘する男子たちです。

砂遊びそしてこちらでは砂遊びがはじまりました。

ここは農作業する方やお墓参りする方が車を止める駐車場。

普段はほとんど車がいないので、たまに遊ばせてもらっています。

そしてなぜかここには上質のサラ砂がたくさんあるのです。

洗濯する母たちには申し訳ないですが、遊ばないわけにはいきません。

お店屋さんこちらではお店屋さんも始まりました。

走る走りたい男子二人は、農道を往復します。

砂を投げる砂を投げると砂ぼこりが舞うのを発見。

でも周りの子が砂ぼこりが飛んできて怒るだろうなぁと思ってたら案外そんなこともなく。

砂を服につける逆に、それいいねぇみたいになって。

服に砂つけて叩いて、砂ぼこりを出して遊ぶ。

冬いちご狩り途中、冬イチゴ狩りにも。

この前、大量に取ったのに、またたくさんできていました。

本当に今年は豊作です。

砂をくつにいれるそして、また砂遊び。

靴に砂を入れて投げると、砂爆弾になることを発見。

靴下に砂をいれるそして、お次は靴下に砂。

洗濯の手間増やしちまって、母様たち、すいません。

子どもたち、砂まみれです。

冬いちごを食べるりょうこさんが取ってきてくれた冬いちごに群がる子どもたち。

一瞬でなくなります。

砂遊びそしてまた砂遊び。

結局、今日は一日ここで遊びました。

絵本タイムここでまたねの会をして、集合場所へ戻りました。

またねの会のあとに、ジュンさんからプレゼントが。

七五三の千歳飴、ならぬ千年芋。

細長い干し芋をプレゼントです。

ちなみに去年は千年フランスパンでした。

ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

オススメ

雨で笑顔 1

もくじ1 そもそも森のようちえんってなんだ?1.1 『森』と『ようちえん』の定義1.2 『日常型』と『イベント型』1.3 NPO法人・森のようちえん全国ネットワーク連盟2 園舎がないって本当?2.1 ...

大木を囲む 2

もくじ1 自然で遊ぶメリット1.1 大きな声が出せる1.2 物理的に距離がとれる1.3 絶え間なく変化している1.4 無限のおもちゃ2 危険生物について2.1 危険生物への態度2.1.1 生きやすい生 ...

ケンカ 3

もくじ1 見守る保育とはなにか1.1 どうして見守るのか1.2 なぜ生き生きして見えるのか1.2.1 自分のちからでやりとげたと本人が感じるから1.2.2 感情を出し切るから1.2.3 自分で決めるか ...

泥遊び 4

もくじ1 自由保育とは1.1 子どもたちの姿1.2 最低限のルール1.3 設定保育はないの?2 学校に行った時に困らないか?2.1 自由に遊んでいたら学校で困ると思うわけ2.2 自由だが他者がいる世界 ...

竹滑り 5

もくじ1 少人数保育について1.1 大きな集団である小学校へ行った時に大丈夫なのか?1.2 少人数だと協調性が育ちにくいと聞いたが本当か?1.3 気の合う子がいなかったら、かわいそうじゃないか?2 縦 ...

-【ようちえん】やまぼうしのまいにち

© 2021 里山保育やまぼうしのブログ Powered by AFFINGER5